韓国・趙グハムに「品格は金」 柔道男子決勝戦後、勝者たたえ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京五輪・柔道男子100キロ級でウルフ・アロンに決勝で敗れた趙グハムを称賛する韓国主要紙=30日、ソウル(共同)
東京五輪・柔道男子100キロ級でウルフ・アロンに決勝で敗れた趙グハムを称賛する韓国主要紙=30日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】30日付の韓国主要紙は、29日の東京五輪・柔道男子100キロ級で日本のウルフ・アロンに決勝で敗れ銀メダルとなった韓国の趙グハムが、勝者をたたえる姿を1面などで大きく報じた。東亜日報は、趙が決勝戦後にウルフの手を取って天井に突き上げる姿を紹介し「品格は金」と賛辞を贈った。

 延長戦にもつれ込み9分半を超えた激闘の後、2人は歩み寄って肩を抱き合い、趙はウルフが勝者だと強調するように手を取って掲げた。

 趙は、その後のインタビューでも「本当に強かった。今まで組み合った相手の中で最も強かった」と称賛した。