全体1位はカニンガム NBAドラフト

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
NBAドラフトでピストンズから全体1位で指名され、アダム・シルバー・コミッショナー(左)から祝福を受けるオクラホマ州立大のケイド・カニンガム=29日、ニューヨーク(USAトゥデー・ロイター=共同)
NBAドラフトでピストンズから全体1位で指名され、アダム・シルバー・コミッショナー(左)から祝福を受けるオクラホマ州立大のケイド・カニンガム=29日、ニューヨーク(USAトゥデー・ロイター=共同)

 【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBAのドラフト会議が29日、ニューヨーク市内で行われ、ピストンズが全体1位でオクラホマ州立大1年のケイド・カニンガムを指名した。

 渡辺雄太が所属するラプターズは1巡目全体4位でフロリダ州立大1年のスコッティ・バーンズを選んだ。