復興関連支出、10年で38兆円 インフラ中心、被災者支援少なく

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
10年間の復興予算支出
10年間の復興予算支出

 復興庁は30日、2011~20年度の10年間に支出した東日本大震災の復興関連予算は計38兆1711億円だったと発表した。六つの分野別では、インフラ整備が中心の「住宅再建・復興まちづくり」が13兆760億円で最も多く、「被災者支援」は2兆2539億円で最も少なかった。一時的な借金返済費を除く実質的な支出額は、34兆円台半ばだとした。

 住宅再建・復興まちづくりは全体の34%を占めた。津波のがれき処分や、堤防や道路の復旧、災害公営住宅の整備などが対象となる。被災者支援は6%にとどまった。被災者への支援金のほか、仮設住宅の整備費用なども含まれる。