日本男子が2敗目 バレーボール・30日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本―ポーランド 第3セット、石川(左)のスパイクがブロックされ試合終了=有明アリーナ
日本―ポーランド 第3セット、石川(左)のスパイクがブロックされ試合終了=有明アリーナ

 バレーボール男子1次リーグA組の日本は、世界選手権2連覇のポーランドに0―3で屈し、2勝2敗となった。第1セットは西田(ジェイテクト)らの強打で食い下がったが22―25。第2セットも21―25で落とし、第3セットの競り合いを24―26で失った。ポーランドは3勝1敗で4位以内を確定させ、準々決勝進出を決めた。

 カナダはベネズエラにストレート勝ちし2勝2敗。B組では2連覇を目指すブラジルが米国を退け3勝1敗。前回銅の米国は2勝2敗。