香港国安法違反で禁錮9年 初の量刑、市民に警告か

お気に入りに登録

 【香港共同】香港の高等法院(高裁)は30日、昨年7月の抗議デモの際、香港独立の主張を意味するスローガンの旗を掲げてバイクで警官隊に突入したなどとして、香港国家安全維持法(国安法)の国家分裂扇動罪とテロ活動罪で有罪判決を受けた元飲食店店員、唐英傑被告(24)に、禁錮9年を言い渡した。国安法事件を巡る量刑言い渡しは初めて。

 法廷で傍聴していた支援者からは「旗を持っていただけで禁錮9年は重すぎる」「司法は信頼できなくなった」と不満の声が相次いだ。重刑宣告には国安法に違反しないよう香港市民に強く警告する狙いがありそうだ。