男子日本、白星なしA組最下位 ホッケー・30日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本―インド 第2クオーター、競り合う田中世(右から2人目)=大井ホッケー競技場
日本―インド 第2クオーター、競り合う田中世(右から2人目)=大井ホッケー競技場

 ホッケー男子の1次リーグで、日本は最終戦でインドに3―5で敗れ、1分け4敗でA組6チームの最下位に終わった。各組4位までが準々決勝に進む。

 日本は1―2の第3クオーターに渡辺(ヴェルコスタ福井)のゴールで追い付いたが、直後に勝ち越しを許した。守備が乱れ、前回出場した1968年メキシコ大会以来53年ぶりの白星はならなかった。

 4連敗で1次リーグ敗退が決まっている女子の日本は試合がなく、31日のスペイン戦で白星を狙う。