31日も県内高温か、熱中症に注意 30日は横手で猛暑日

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県内は30日、暖かく湿った空気が入り込んだ影響で気温が上昇し、横手市では35度の猛暑日となり、全26観測地点のうち23地点で30度を超えた。各消防によると、午後5時までに10~80代の男女計8人が熱中症とみられる症状で救急搬送された。

 31日は、高気圧に覆われて晴れや曇りとなる見込み。予想最高気温は秋田市34度、北秋田市鷹巣が35度、横手市で36度。気象庁は高温が予想されるとして、熱中症などに注意を呼び掛けている。


熱中症、注意すべきポイントは? 感染予防と上手に両立を

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 466 文字 / 残り 227 文字)

秋田の最新ニュース