パソコンに「ウイルス感染」 2人が電子マネーだまし取られる

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田中央署(資料写真)
秋田中央署(資料写真)

 秋田市で29日から30日にかけて特殊詐欺による被害が相次ぎ、60代の男性2人が電子マネー利用権計24万5千円分をだまし取られた。

 秋田中央署によると、男性が29日にパソコンを利用していると、画面に「トロイの木馬のウイルスに感染している」「セキュリティーソフトが切れている」などと表示された。画面にあった番号に電話すると、男の声で「ウイルス除去のサポートのため、コンビニで電子マネーを購入する必要がある」と指示され、市内のコンビニで電子マネーを5回に分けて計20万円分購入し利用に必要な番号を伝えた。再度電子マネー購入を指示されたため不審に思い110番した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 639 文字 / 残り 360 文字)

秋田の最新ニュース