北斗星(7月31日付)

お気に入りに登録

 1964年東京五輪で日本が獲得したメダルは金16、銀5、銅8の計29個だった。本県選手は9競技に15選手が出場し、重量挙げ、体操、バレーボールの3競技で6選手がメダルを手にした。初めての自国開催の五輪。その大舞台で県勢が活躍する姿に多くの県民が誇りに感じたことだろう

▼能代市出身で元バレーボール男子日本代表の菅原貞敬(さだとし)さん(82)=静岡県住=は当時の県勢メダリストの1人。ピンチサーバーや守備要員として活躍、気迫あふれるプレーで日本の銅メダルに貢献した

▼観客の声援が菅原さんを奮い立たせた。日本が劣勢になると観客席から「菅原を出せーっ」と声が飛び、「菅原」コールが起こった。「武者震いしたのを覚えている」

▼2度目の東京五輪は大半の会場が無観客だ。57年前に菅原さんを後押ししたような大きな声援が響くことはない

▼新型コロナウイルス感染が再拡大する中、五輪を開催する意義は何か。容易に答えは見いだせない。仙北市出身で東京五輪・パラリンピック組織委員会の荒木田裕子副会長(67)は開幕前のインタビューで「自分もずっと悩んできた。今も答えは出ていない。ただ、スポーツの力は信じたい」と述べていた

▼日本勢のメダルラッシュが続く。バドミントン女子ダブルスのナガマツペア(北都銀行)は準々決勝で惜敗したが、素晴らしい粘りを発揮し県民に大きな感動を与えた。異例ずくめの五輪は後半戦に入った。選手たちの活躍に心から声援を送る。

「東京五輪2020」の特集ページです

本県出身選手が出場した1964年の東京五輪を振り返る

秋田の最新ニュース