角館駅開業100年 感謝示し記念硬券配布、構内で写真展も

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
開業100周年を迎えたJR角館駅
開業100周年を迎えたJR角館駅

 秋田県仙北市角館町のJR角館駅が30日、開業100周年を迎えた。駅には節目を祝う横断幕が掲げられたほか、100年の歩みを振り返る写真も展示。駅員が訪れた人たちに「未来に向かって」と記された記念硬券を配り、長年の感謝を示した。

 JR秋田支社によると、角館駅は1921年7月30日、生保内軽便線の駅として羽後長野(大仙市)、羽後四ツ屋(同)の両駅とともに現在の位置で開業した。

 生保内軽便線は翌22年に生保内線となり、66年には大曲―盛岡間の全線開通で田沢湖線に改称した。76年に駅舎を改築。東北新幹線の盛岡―大宮間が開業した82年には、特急「たざわ」が盛岡―秋田間で運転を開始。87年の国鉄民営化でJR東日本の駅となった。

 97年には秋田新幹線こまちの営業開始に合わせて現在の駅舎がオープン。以降は角館周辺観光の拠点として全国の観光客に利用されている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1242 文字 / 残り 866 文字)

同じジャンルのニュース