自転車安全利用促す県条例、1日一部施行 保険義務化は来春

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県庁(資料写真)
秋田県庁(資料写真)

 秋田県民に自転車の安全利用を求める県の「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が一部規定を除き、1日から施行される。

 条例は7月13日に公布。自転車利用者、あるいは自転車レンタルを行う事業者に保険加入を義務付けるほか、▽高齢者や未成年が自転車に乗る場合はヘルメット着用を推奨▽4月15日を「自転車安全確認の日」と定め、県民が自ら保険の加入状況を確認する―ことなどを盛り込んでいる。罰則規定はない。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 351 文字 / 残り 149 文字)

同じジャンルのニュース