柔道の混合団体は銀メダル 決勝でフランスに敗れる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
混合団体決勝男子90キロ超級 延長の末、フランスのテディ・リネール(手前)に技ありを奪われ敗れたウルフ・アロン=日本武道館
混合団体決勝男子90キロ超級 延長の末、フランスのテディ・リネール(手前)に技ありを奪われ敗れたウルフ・アロン=日本武道館

 東京五輪第9日の31日、五輪初採用の柔道混合団体で日本は銀メダルだった。個人戦で男子5、女子4の計9個の金メダルを獲得。競技最終日に最強の布陣で臨んだが、勝利で締めくくることはできなかった。

 チームは個人戦に出場した男女3人ずつで編成。日本は初戦の準々決勝でドイツを4―2で下し、準決勝でROCに4―0で快勝したが、決勝はフランスに屈した。

 男女混合団体は、世界選手権では2017年から行われ、日本は4連覇している。