北海道・旭川で38・4度 週明けも高温続く見通し

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
気象庁
気象庁

 31日は各地で気温が上昇し、北海道旭川市江丹別では今年全国で最も高い38・4度を観測した。8月に東京五輪のマラソンや競歩が行われる札幌市も34・7度に達した。週明け以降もしばらくは平年に比べて気温が高い状態が続きそうだ。

 気象庁によると、北海道内では他に芦別市や上富良野町で37・2度まで上がり、両地点と江丹別の観測点はいずれも観測史上1位の高温記録を塗り替えた。道外では高知県四万十市の37・6度、大阪府枚方市の37・2度をそれぞれ観測した。

 全国919観測点のうち30度以上の真夏日になったのは724地点、このうち72地点が35度以上の猛暑日となった。