夏映え2021:風鈴(横手市) 透き通った音色、思わずうっとり

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 夏の風物詩「風鈴」。横手市増田町の中七日町通りでは、家屋の軒先にガラスや南部鉄器でできた風鈴が並び、涼しげな音色を響かせている。

横手市増田町の中七日町通りで飾られているガラスや南部鉄器でできた風鈴。揺れるたびに涼しげな音色を奏でる

 夏の暑気払いはもちろん、歴史的な町並みを彩る目的で、増田地域活性化推進協議会(佐藤譲治会長)が企画した。通りの商店や民家に計100個以上の風鈴がつり下げられている。31日は通り掛かった子どもや大人が風鈴に近づき、透き通った音色に聞き入っていた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 250 文字 / 残り 62 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース