秋田竿燈まつり 茨島竿燈会・大倉代表 祭りへの情熱、消えない

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
茨島竿燈会で代表を務める大倉さん
茨島竿燈会で代表を務める大倉さん

 「夏の匂いがする。ああ、竿燈の季節だなあ」

 茨島竿燈会で代表を務める大倉豪さん(46)に、竿燈のない2度目の夏がやってきた。

 竿燈を始めたのは19歳のころ。職場単位で祭りに参加していた三菱マテリアルに就職したことがきっかけだった。秋田市出身だが、竿燈には縁がなかったという大倉さん。運動部出身で体力には自信があったため入会を決めた。

 しかし、差し手の道は決して平たんではなかった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 916 文字 / 残り 725 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース