救急車が患者搬送前に脱輪、大館市 容体に影響なし

会員向け記事
お気に入りに登録

 1日午前8時半ごろ、秋田県大館市字代野の市道Y字路で、急病の119番を受けて近くの女性宅に出動した大館市消防署北分署の救急車が、左折する際に左後輪を側溝に脱輪させた。代わりに市消防署の救急車が出動し、女性を市内の病院に搬送した。市消防署は女性の容体に影響はなかったとしている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 386 文字 / 残り 247 文字)

秋田の最新ニュース