新たな本の出合い楽しんで にかほの図書館が「おぼんだま」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「夏」「パンダ」といったテーマごとに数冊の本を詰め合わせた「おぼんだま」セット
「夏」「パンダ」といったテーマごとに数冊の本を詰め合わせた「おぼんだま」セット

 秋田県にかほ市立図書館は3日から、金浦の本館と仁賀保、象潟の分館計3カ所で、お薦めの本を福袋のように詰め合わせた「おぼんだま」セットの貸し出しを始める。何が入っているかは開けてからのお楽しみという。

 おぼんだまセットは、図書館司書らが選んだ夏にぴったりな本2~3冊を包装紙で包んだ。「からだを守ろう『夏』」「へいわって、どんなこと?」「すくすく育って ふたごのパンダ」など共通のテーマでのし紙を巻いている。▽大人・中学生以上▽幼児(絵本)▽低学年▽高学年―の対象年齢で分け、3館で計約100セットを用意している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 458 文字 / 残り 201 文字)

秋田の最新ニュース