電動スケボー事故疑いで書類送検 愛知県警、名古屋の男性を

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
公道で乗用車と衝突する事故を起こした電動スケートボード=2日午前、名古屋・中署
公道で乗用車と衝突する事故を起こした電動スケートボード=2日午前、名古屋・中署

 公道で電動スケートボードを運転し、乗用車と衝突する事故を起こしたとして、愛知県警中署は2日、道交法違反(安全運転義務違反)の疑いで、名古屋市昭和区の男性会社員(32)を書類送検した。署によると、容疑を認めているという。

 この電動スケボーは道交法などで「乗用車」に該当。公道を運転するにはナンバープレート設置や車検取得が必要となるが、いずれにも違反していた。

 書類送検容疑は昨年9月2日午後4時25分ごろ、同市中区新栄1丁目の市道で電動スケートボードを運転し、同市の40代男性の乗用車と接触する事故を起こし、安全運転義務に違反した疑い。けが人はなかった。