甲羅45センチのワニガメ釣れる 新潟市の川、県警が保護

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男性が釣り上げて捕獲し、新潟西署で保護されているワニガメ=2日午後
男性が釣り上げて捕獲し、新潟西署で保護されているワニガメ=2日午後

 新潟西署は2日、新潟市西区坂井の西川で男性がワニガメを釣り上げて捕獲し、署に届け出たと発表した。新潟県警によると、甲羅の長さが約45センチで、頭などを含めると約75センチのプラスチックケースにぎゅうぎゅうに納まる大きさ。けが人はいなかった。

 1日午後2時半ごろ、釣りをしていた男性が捕獲した。署が保護しており、今後の扱いについて、県や水族館などに相談する。

 環境省によると、ワニガメは生態系などに悪影響を与える恐れのある「生態系被害防止外来種」に指定されている。動物愛護法改正で昨年6月以降、新たにペットとして飼えなくなった。