白鵬関の五輪柔道訪問を批判 広報部長「全く分かってない」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
7月27日、東京五輪の柔道会場を訪れ、大野将平(右)と言葉を交わす大相撲の横綱白鵬関=日本武道館
7月27日、東京五輪の柔道会場を訪れ、大野将平(右)と言葉を交わす大相撲の横綱白鵬関=日本武道館

 大相撲の横綱白鵬関が無観客の東京五輪柔道会場の日本武道館を訪れたことについて、日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は2日、代表取材に「無観客と言っているのに、そこに行っていることは大きな問題だと、本人がどのくらい理解しているのか。常識、非常識が全く分かっていない」と痛烈に批判した。入場した経緯は不明。

 白鵬関は7月27日に来場。国際柔道連盟(IJF)のビゼール会長らとの写真が同会長のツイッターに掲載された。相撲協会は新型コロナウイルス対策のガイドラインとして、本場所初日の2週間ほど前から原則外出禁止にしているが、今回の来場は禁止期間に該当しない。