十和田八幡平駅伝が中止に コロナ感染拡大受け

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県鹿角市は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、7日に開催を予定していた「第74回十和田八幡平駅伝競走全国大会」を中止すると発表した。中止は2年連続。

 大会は「十八(じゅっぱち)駅伝」の愛称で親しまれる夏の風物詩。2年ぶりの開催に向け、男子は11都県から社会人と大学生合わせて27チーム、女子は5都県の社会人、大学生、高校生計9チームがエントリーしており、監督や選手合わせて約350人が参加予定だった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 524 文字 / 残り 318 文字)

秋田の最新ニュース