雄物川水系、渇水の恐れ 少雨の傾向続く

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
渇水対策支部の立ち上げ検討などが報告された情報連絡会の臨時会合
渇水対策支部の立ち上げ検討などが報告された情報連絡会の臨時会合

 雄物川水系渇水情報連絡会(事務局・国土交通省湯沢河川国道事務所)の臨時会合が2日、ウェブ形式で開かれた。少雨により、玉川ダムの貯水率と雄物川水系の流量が低下していることを受け、同事務所が「渇水対策支部」の立ち上げを検討していることを報告した。

 関係機関や各自治体の担当者54人が出席。各機関からの報告によると、同日午後4時時点の玉川ダムの貯水位は渇水レベル1に当たる376メートル。5日午前7時には同レベルが2に引き上がる基準の375メートルを下回る見込み。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 441 文字 / 残り 211 文字)

秋田の最新ニュース