県内に「熱中症警戒アラート」 本荘で35度超え

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 環境省と気象庁は3日、秋田県に危険な暑さへの注意を呼びかける熱中症警戒アラートを発表した。午前11時現在、由利本荘市本荘の最高気温は35・3度で猛暑日となった。その他の地域は秋田市34・5度、能代市34・4度、横手市34・2度など。

 環境省と気象庁は、外出をなるべく避け、エアコンなどで室内を涼しい環境にして過ごすよう呼び掛けている。特に高齢者や子どもは熱中症にかかりやすく、こまめな休憩や水分補給が必要としている。

熱中症、注意すべきポイントは? 感染予防と上手に両立を

秋田の最新ニュース