健診予約、ウェブで簡単に 来年度本格運用、受診率の回復へ

会員向け記事
お気に入りに登録

 市町村が実施する特定健診やがん検診の予約をウェブで簡単にできるシステムを、秋田県総合保健事業団が導入する。来年度からの本格運用を目指し、県が事業費2525万円を補助。新型コロナウイルス感染拡大を受けて落ち込む受診率の回復を目指す。

 県健康づくり推進課によると、昨年度の特定健診受診率は前年度より6割ほど減った。がん検診も前年度比約45%の減少。新型コロナの影響で集団実施を中止または縮小した自治体があったほか、感染を懸念した受診控えも響いた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 589 文字 / 残り 367 文字)

秋田の最新ニュース