抽出検査22件、全て変異株疑い 県内直近1週間

お気に入りに登録

 秋田県は3日、直近1週間(26日~8月1日)の変異株検査の状況を公表した。抽出検査した22件のうち、英国由来のアルファ株などの可能性がある変異N501Yが16件、インド由来のデルタ株などの可能性がある変異L452Rが6件と、検査した全てが変異株疑いとなった。国立感染症研究所での詳細な解析を経て最終確認する。

秋田の最新ニュース