ライチョウ11羽、動物園に 群れ復活に繁殖目指す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中央アルプスでふ化したニホンライチョウのひなと雌親=7月(環境省提供)
中央アルプスでふ化したニホンライチョウのひなと雌親=7月(環境省提供)

 環境省信越自然環境事務所は3日、長野県の中央アルプス駒ケ岳で保護していた国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウ11羽を、長野市の「茶臼山動物園」と栃木県那須町の「那須どうぶつ王国」にヘリコプターで移送した。動物園で繁殖させた後、一部を再び中央アルプスに戻して野生復帰させ、群れの復活を目指す。

 環境省によると、中央アルプスでは1969年以降、ライチョウの目撃がなく絶滅したと考えられていたが、2018年に約半世紀ぶりに雌1羽の飛来が確認された。昨夏には北アルプス乗鞍岳から中央アルプス駒ケ岳に19羽を移送。越冬とふ化に成功した。