7月の景況判断、据え置き 生産と雇用は引き上げ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 財務省秋田財務事務所は3日、7月の経済情勢報告で、県内の景況判断を「新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるものの、緩やかに持ち直しつつある」として、前回(4月)から据え置いた。一方で、生産活動や雇用情勢の項目は持ち直しの動きが見られたことを反映し、判断を引き上げた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 540 文字 / 残り 398 文字)

秋田の最新ニュース