秋田市で8人が新型コロナ感染 大学クラスター1人増える

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市は4日、新たに10代~70代の男女8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。重症者はいない。県内の感染者は累計1038人。

 このうち、10代男性はクラスター(感染者集団)が発生している市内の大学に通う男子学生。2日までに陽性が確認された学生5人と同じ部活動に所属しているという。

 市と大学によると、これまでに感染が判明した6人の学生と同じ学生寮で暮らす学生が、帰省先の県外の自治体で陽性が確認されており、このクラスターによる感染者は計7人に上るという。

 このほか、30代女性は7月11日判明の30代会社員男性の、70代女性は今月2日判明の10代会社員男性のそれぞれ同居家族。40代会社員女性は2日判明の20代会社員男性の職場の同僚。

 20代団体職員女性と別の20代女性、男子高校生の3人はいずれも体調不良を訴え医療機関を受診し、陽性が分かった。県外から秋田市を訪れた10代女子学生の感染も確認された。



新型コロナウイルスの情報はこちら

秋田の最新ニュース