きょうも熱中症に警戒を、県内に「アラート」発表

会員向け記事
お気に入りに登録

 気象庁と環境省は5日午前5時、秋田県内で5日に熱中症の危険が特に高まるとして「熱中症警戒アラート」を発表した。外出はなるべく避け、室内では空調を使うなど涼しい場所で過ごすよう求め、熱中症への注意を呼び掛けている。

5日の予想最高気温
秋田 33度
鷹巣 34度
横手 35度


熱中症、注意すべきポイントは? 感染予防と上手に両立を

大館3日連続猛暑日、4日は県内25地点で30度超


 県内は4日、暖かく湿った空気が入り込んだ影響により気温が上昇。大館市で36・3度と3日連続で猛暑日を記録するなど、全26観測地点のうち25地点で最高気温が30度を超えた。

 気象庁によると、大館市を除く各地の最高気温は仙北市角館34・9度、北秋田市鷹巣と由利本荘市東由利34・7度、秋田市33・3度など。平年より1・9~6・6度高い気温となった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 601 文字 / 残り 243 文字)

秋田の最新ニュース