秋田竿燈まつり 馬口労町竿燈会 ちょうちん、火はともさず

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
馬口労町竿燈会代表の椎名一義さん(左)と前代表の椎名正美さん
馬口労町竿燈会代表の椎名一義さん(左)と前代表の椎名正美さん

 例年であれば秋田竿燈まつり初日となる3日、秋田市旭南の馬口労町通りに「馬」のちょうちんの幼若がひっそりと飾ってあった。毎年、竿燈会の事務所になるという椎名正美さん(72)宅の玄関先。御幣を付けた小さな幼若に、火はともっていない。

 「明かりをつけたら、むなしい気がして」。町内竿燈会代表の椎名一義さん(54)が言う。「竿燈は本来、置いておくものじゃないからな」。前代表の正美さんが続ける。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 812 文字 / 残り 618 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース