大文字焼きの火床崩した人物現れる 事務局、被害届出さず

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大館市で8日に行われる鳳凰山大文字焼きの火床(ひどこ)が崩れていた問題で、自分が崩したと警察に名乗り出た人物がいたことが5日、大文字焼き実行委員会事務局の市観光協会への取材で分かった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 267 文字 / 残り 171 文字)

秋田の最新ニュース