「44度」表示の原因は直射日光? センサーのカバー外れる

会員向け記事
お気に入りに登録

 4日午後に「44度」を示していた秋田県大仙市協和荒川の気温表示板について、管理する大仙市が5日に調査した結果、温度を感知するセンサーのカバーが外れていたことが分かった。センサーに異常はなく、西日が差す昼過ぎに直射日光が当たり、温度が高く検知された可能性があるとしている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 371 文字 / 残り 235 文字)

秋田の最新ニュース