知事「お盆、県外からの帰省自粛を」 2回接種後も「注意」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 佐竹敬久知事は5日、感染力の強いデルタ株のまん延により、新型コロナウイルスの感染者数が全国で増加していることを受け「お盆期間中は、旅行や帰省など県外との移動は可能な限り自粛してほしい」と呼び掛けた。ワクチンの2回接種を終えた人の感染が秋田県内でも確認されているとし「接種後も十分注意してほしい」と話した。

 新型コロナウイルス対策本部会議後の記者会見で述べた。佐竹知事は、最近の県内での感染例は県外との往来に起因するものが多いことを挙げ「やむを得ない事情で往来が必要な場合は本県に入る前にPCR検査を受けてほしい」と要望。県内移動による帰省であっても、日常的に接していない人と会う場合はマスクの着用や会食の自粛など、基本的な感染対策を取ることも求めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 587 文字 / 残り 261 文字)

同じジャンルのニュース