クマか、県北で食害相次ぐ 養蜂場や果樹園荒らされる

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 秋田県内では5日、クマによるとみられる食害が相次ぎ確認された。けが人はいなかった。

 午前8時ごろ、北秋田市綴子字掛泥野の養蜂場で、養蜂箱9箱が荒らされているのを所有する90代男性が見つけた。ハチが巣を作る巣枠にはクマのものとみられる歯形と爪痕があった。

 午前8時半ごろには、鹿角市十和田大湯字白沢の果樹園で、リンゴ6個が食い荒らされているのを所有者の70代男性が見つけ、鹿角署に通報した。リンゴの木にクマとみられる爪痕があった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 334 文字 / 残り 119 文字)

秋田の最新ニュース