県内は原則入院か宿泊療養 佐竹知事、方針維持

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスの感染が急拡大している地域を対象とした政府の入院制限方針について、秋田県の佐竹敬久知事は5日、現在の県内の状況であれば、原則入院か宿泊療養施設入所とするこれまでの方針を維持する考えを示した。

 佐竹知事は新型コロナ対策本部会議後の記者会見で政府方針への見解を問われ、「非常に唐突で、説明が後付けだ。きちんと説明しないと誤解を生む」と批判した。自宅療養の対象を拡大する前に、医療機関との合意形成や宿泊療養施設の整備などを進めるべきだとした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 555 文字 / 残り 327 文字)

秋田の最新ニュース