学校現場のICT:六郷小学校(美郷町) 写真検索、英語発表に活用

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 大きなモニターに、海外の有名な観光地や名物が次々と映し出される。発表する子どもたちは、手元のデジタル端末を使ってスライドショーを操作。英語で「アメリカはすてきな国です」「自由の女神像を見ることができます」などとその国の魅力を紹介した。

 先月19日、美郷町の六郷小学校で行われた6年生の英語の一こまだ。子どもたちはそれまでの授業で3、4人のグループごとに一つの国を選び、英語で説明する準備を進めてきた。1人に1台配られているデジタル端末で写真を検索し、選んだ数枚をスライドショーにまとめて発表に臨んだ。

モニターに写真を映しながら英語で発表する児童

 小学校英語は、読み書きよりも「話す・聞く」力を育むことを重視しており、全体の前で発表する機会も多い。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1016 文字 / 残り 714 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース