本荘東勝ち、大曲は延長タイブレークで涙 東北中学野球

会員向け記事
お気に入りに登録

 第43回全国中学校軟式野球大会東北予選会は6日、岩手県営野球場などで各県代表2校の計12校が参加して開幕した。新型コロナウイルスの影響で、開催は2年ぶり。1回戦6試合を行い、秋田県第1代表の本荘東は、序盤のリードを守り切り酒田三(山形第2)に5―3で競り勝った。第2代表の大曲は延長八回タイブレークの末、中村一(福島第1)に1―2でサヨナラ負けを喫した。

 大会は4校ずつのトーナメントで行われ、7日は、同球場で代表決定戦3試合を行う。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 681 文字 / 残り 463 文字)

秋田の最新ニュース