R・トラムカ氏死去 米最大労組トップ

お気に入りに登録

 リチャード・トラムカ氏(米国最大の労働団体、米労働総同盟産別会議=AFL・CIO=議長)AFL・CIOや米メディアによると5日、心臓発作のために死去、72歳。死亡場所は明らかにされていない。

 56組織、1250万人の組合員を束ねるAFL・CIO議長に09年就任。労働者の権利擁護に尽力した。労働者層を支持基盤とする民主党に強い影響力を持ち、民主党のバイデン大統領は死去を受け「親しい友人」だったと記者団に述べた。(ワシントン共同)