原爆の恐ろしさ、後世に オンラインで伝承講話、秋田市

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県生協連主催の被爆体験の伝承講話をオンラインで視聴した会
県生協連主催の被爆体験の伝承講話をオンラインで視聴した会

 広島での被爆体験を知り、平和への思いを受け継いでいこうと、県生活協同組合連合会(県生協連、三浦貴裕会長理事)は5日、被爆体験の伝承講話をオンラインで視聴する会を秋田市中通のホテルメトロポリタン秋田で開いた。

 例年は広島に全国の組合員が集まって「ピースアクションinヒロシマ」を開いているが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてオンラインに切り替えた。この日は動画投稿サイト「ユーチューブ」のライブ配信機能を使って被爆体験の伝承講話を配信。県生協連加盟組合の組合員ら19人が視聴した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 781 文字 / 残り 539 文字)

秋田の最新ニュース