本荘東、雫石下し全国大会出場決める 東北中学野球

会員向け記事
お気に入りに登録

代表決定戦に勝利し全国大会出場を決めた本荘東


 第43回全国中学校軟式野球大会東北予選会最終日は7日、盛岡市の岩手県営野球場で代表決定戦を行い、本県第1代表の本荘東が雫石(岩手第1)を12―2で下し、全国大会(21日開幕・千葉県)出場を決めた。

 大会は新型コロナウイルスの感染防止のため、日程を短縮して実施。2日間で4校ずつのトーナメント(A~Cブロック)を行い、代表3校を決めた。

 ▽代表決定戦(8時56分・岩手県営野球場)
本荘東
0305040|12
0100010|2
雫石(岩手)

【本荘東―雫石】2回表2死三塁、本荘東の佐藤大が右前打を放ち3点目を挙げる=岩手県営野球場

完投した本荘東の先発小野

秋田の最新ニュース