来年こそ祭りができるように 竿燈会代表、思い込め御幣流し

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
御幣の入った紙袋を旭川に流す参加者
御幣の入った紙袋を旭川に流す参加者

 秋田竿燈まつりを終えた翌日の朝に、邪気や病魔が乗り移った御幣を秋田市旭南の刈穂橋から旭川に流す「御幣流し」が7日朝に行われた。

 刈穂橋には、祭り期間中に活動した竿燈会の代表ら約20人がはんてんを着て集合した。旭川に向かって横一列に並び、二礼二拍手一礼。御幣が入った紙袋を川に流した。参加者は、御幣がゆっくりと流れていく様子を見守った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 443 文字 / 残り 275 文字)

秋田の最新ニュース