劇団四季が秋田公演 舞台を届ける喜びかみしめて

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
カーテンコールで観客に手を上げて応える出演者
カーテンコールで観客に手を上げて応える出演者

 劇団四季の新作ミュージカル「The Bridge(ザ・ブリッジ)~歌の架け橋~」が4日、秋田市文化会館で上演された。「キャッツ」「ライオンキング」など四季作品のレパートリーで構成される歌とダンスのステージが、約千人の観客を魅了した。

 「ザ・ブリッジ―」は、劇団四季がこれまで上演してきた数々のミュージカルの名曲を中心に、30に及ぶ楽曲で構成。「舞台を通じて生きる喜びを伝える」という劇団の理念を反映した七つの場面を繰り広げる。劇団四季の新劇場である東京・竹芝のJR東日本四季劇場「春」のこけら落とし作品として1月に初演され、4月から全国巡業が始まった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 629 文字 / 残り 352 文字)

秋田の最新ニュース