秋田県内10日は大雨や暴風に注意 台風9号、温帯低気圧に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県内は10日、台風9号から変わった温帯低気圧の影響で大雨や暴風、しけとなる見込み。秋田地方気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫などに警戒するとともに、落雷や突風、高潮にも注意するよう呼び掛けている。

 気象台によると、台風9号は9日午前9時ごろに中国地方で温帯低気圧に変わり、その後も強風を伴いながら日本海を北東へ進行している。

 県内の雨のピークは10日の明け方から朝の見込み。予想される1時間降水量は多いところで50ミリ。10日午後6時までに県内で予想される24時間降水量は、沿岸、内陸とも多いところで150ミリに達する可能性がある。

 予想される最大風速(最大瞬間風速)は沿岸の海上23メートル(35メートル)、沿岸の陸上18メートル(30メートル)、内陸13メートル(25メートル)で波の高さは5メートルの見込み。低気圧の進路や発達の程度によっては、警報級の高波となる可能性もある。気象台は、暴風や高潮に伴う交通障害や浸水などへの警戒を呼び掛けている。

 9日午後5時までの最大瞬間風速は八峰町八森25・2メートル、能代市21・1メートル、にかほ市20・7メートルなど。

 JR秋田支社によると、10日は奥羽、五能線の快速リゾートしらかみを終日運休する。航空各社によると、10日の航空便は9日午後6時現在で欠航の予定はなく、天候状況を踏まえて判断する。

秋田の最新ニュース