熱中症疑い、八郎潟町の60代男性死亡

お気に入りに登録

 秋田県の湖東地区消防本部は9日、八郎潟町の60代男性が8日に熱中症の疑いで死亡したことを明らかにした。

 同消防本部によると、男性は8日午後2時ごろ、草刈りに行くと家族に伝えて自宅を出た。5時50分ごろ、約300メートル離れた倉庫の前に停めた軽トラックの運転席で意識を失っているのを家族が見つけ119番した。秋田市の病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 救急隊員の到着時、男性は呼吸がなく体温は高かったという。

 9日は午後5時までに男女3人が熱中症の症状で救急搬送された。大仙市の80代女性と由利本荘市の50代男性はいずれも中等症、八峰町の90代女性は軽症とみられる。