夏映え2021:寒天作り(大仙市) 透き通る赤色、料理に涼

有料会員向け記事

 大仙市協和峰吉川の農家レストラン「縁側カフェ 作助(さくすけ)」で、旬の果物を使った寒天が料理に涼を添えている。

「縁側カフェ 作助」で提供されている寒天。料理に涼を添えている

 開店前、店主の今野シオ子さん(71)が丁寧に切り分けていたのは、ブルーベリーとラズベリーの寒天。鮮やかに赤く色づいた透明な寒天は見た目に涼やか。おまかせ定食(1200円)に付く人気のスイーツだ。

お気に入りに登録
シェアする

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース