秋田大で職場接種始まる 学生、教職員約3700人対象

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
職場接種を受ける秋田大の学生
職場接種を受ける秋田大の学生

 秋田大で10日、学生と教職員約3700人を対象にした新型コロナウイルスワクチンの職場接種が始まり、296人が接種を受けた。学内のほか県内の他大学や短大などの学生、教職員にも順次接種する。
 
 本道キャンパスで平日の午前、モデルナ製のワクチンを1日当たり約300人に接種。医学部付属病院の医師5人が作業に当たる。ワクチンは4日に届き、10日は接種を受ける学生の列ができた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 414 文字 / 残り 229 文字)

秋田の最新ニュース