大潟村でソーラーカー・ラリー 強豪・東海大が総合優勝

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ソーラーカー・ラリーで総合優勝を果たした東海大のメンバー
ソーラーカー・ラリーで総合優勝を果たした東海大のメンバー

 ソーラーカーとソーラーバイシクルのレース「2021ワールド・グリーン・チャレンジ」が9、10の両日、秋田県大潟村のソーラースポーツラインで開かれた。県内外から12チームが参加したソーラーカー・ラリーでは東海大学ソーラーカーチーム(神奈川)が総合優勝を果たした。

 ソーラーカー・ラリーは例年1周25キロのコースを3日間で計25時間走行して周回数を競うが、今大会は悪天候のため2日間計7時間半に短縮し、走行距離を競った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 624 文字 / 残り 415 文字)

秋田の最新ニュース