洋上風力「八峰・能代沖」、来月にも促進区域指定

会員向け記事
お気に入りに登録

 経済産業省は11日、洋上風力発電の「促進区域」として有望視している「八峰町・能代市沖」について、9月中にも促進区域に指定する見込みだと明らかにした。取材に対して答えた。同省と国土交通省は同日、洋上風力発電普及法の手続きに基づき、「八峰町・能代市沖」の促進区域指定案を公告した。両省のホームページなどで縦覧できる。

 促進区域の指定については、地元自治体や漁業者らが意見を交わす法定協議会が6月、「指定に異存はない」と結論付けた。経産省によると、その後、有識者でつくる第三者委員会でも、自然条件や漁業への影響などの観点から基準を満たすことを確認し、指定案が決まったという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 617 文字 / 残り 332 文字)

秋田の最新ニュース