コロナ収束願い、一斉に打ち上げ花火 仁賀保・金浦・象潟

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
象潟地域で打ち上がった花火
象潟地域で打ち上がった花火

 秋田県にかほ市の仁賀保、金浦、象潟の3地域で7日夜、新型コロナウイルスの収束を祈願する花火が一斉に打ち上げられた。市観光協会の企画。

 午後8時から15分間、計約4千発を打ち上げた。花火玉には市内4小学校の6年生約150人が願い事を書いた短冊を貼り付けた。子どもたちの願いがかない、通常の学校生活を早く取り戻せるようにとの思いを込めたという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 324 文字 / 残り 153 文字)

秋田の最新ニュース