剣道男子団体、秋田商が準優勝 北信越インターハイ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【剣道男子団体】強豪を撃破し準優勝を果たした秋田商=いしかわ総合SC
【剣道男子団体】強豪を撃破し準優勝を果たした秋田商=いしかわ総合SC

 全国高校総体(北信越インターハイ)は12日、各地で8競技を行った。県勢は、剣道男子団体で秋田商が準優勝。フェンシングは個人予選トーナメント1回戦で、男子サーブルの三浦悠成(秋田北鷹2年)、同エペの菅原陸(同)、女子サーブルの長崎昇子(秋田北鷹3年)が勝ち、いずれも2回戦へ進んだ。

2021全国高校総体(北信越インターハイ)

秋田の最新ニュース